Kerkyra(ケルキラ)

Kerkyra(ケルキラ)はコルフ島の中心の町の名前です。

コルフ島を去る日に、PATOUNISに行って、今週はもうとくに何もやらないって言ってたけど、来週なんか他のことやるなら戻ってきたいのですが、と言うと、Apostolos氏が考え込んで、なんかしつこいこと言っちゃったかなーと思ってたら、工場内に連れてってもらって、石けんマシーンのバルブがリークしてて、発注済みなんだけど、ドイツから届くのまってるんだけど、バルブが壊れてても使えるんだけど、(直してから次の作ろうとしてたんだと思う)。とりあえず、今はどうなるか分からないけど、水曜日から木曜日に、月曜か火曜に他の工程が見せれるか確定できるのでその頃連絡頂戴。と言ってくれました。

ということでレスボス島にいる間に連絡を取ると、火曜日に釜だしするよというので、コルフ島に戻ってきたわけです。

7時開始。ちょっと遅れて行くと、とっくに職人さんたちが、作業を進めておりました。
今日の出来はmediumとのこと。道具にくっつくのだそう。

PATOUNIS SOAP FACTORY

1) 釜から、柄のついたバケツで石けんをすくいとって、モールドにそそぐ。下の人はヘラのようなものでザクザクとモールド全体にならしていく。

PATOUNIS SOAP FACTORY

2) ペローンと表面をすくって、量を一定にする。余分なのは、下のモールドに落とす。

PA274492

3) 深さを確認。

PATOUNIS SOAP FACTORY

4) 女性にパス。板で押して空気を抜いたり、表面を平らにする。みしっみしっとリズムよく進む。

PATOUNIS SOAP FACTORY

5) 後ろに鍋が火にかけてあって、沸騰はしていない。ただの水(湯)だそう。容器ですくって石けんの表面に流し、小さな板で表面を撫でて滑らかにする。最初は隅、次に中央。これも同じリズム。お湯は下のバケツに落ちる。

終わったモールドは工場内に積んでいました。

女性の5)の作業が終わるころ、男性2人の3)の作業が終わり、男性はまず、女性のモールドを横に積みにいって、自分たちのモールドを女性に渡す。自分たちが先ほど余分な石けんを落としていた下のモールドを一旦床に置いて、新しいモールドを持ってきて、作業台に置き、下に置いたモールドを上に乗せて、1)に戻る。

全部積み終わったら、布をかぶせて終わり。
翌日はnational holidayとのことで、その翌日にカッティングとスタンピングとのこと。
むわー。チケットが半オープンで、15,000円で帰国日移動できるやつだったんですが、結局、2日のばしただけでは完全に満足できるまで見れるわけじゃないし、次回にしようと思いました。なんつっても窯から出す前の作業みてないからね。cookという単語ひとつで片付けられる1週間の作業を見たい見たい見たーい。

作業中男性2人は世間話に花が咲いているよう。女性は黙々と。
何度かApostolos氏もみに来てみんなで相談する様子も。

camera…………….camera………………………………..
video…………..camera…………………………………….
camera……………………………………………………….

と言ってカメラの話?と思ってると、そのカメラ(もちろんOLYMPUS PEN E-P1)いくらなの?とか。
何倍ズーム?とか。一眼レフって英語でなんていうか分かんなくて本当残念。
いつでも自慢できるように一度調べたんだけど、長期記憶に保存できてないようで。
この夏でたばっかのかなりいいやつなんですと。言っておきました。

もとい。石けん。
途中で、フランスの博物館が、作業の様子をDVDにして博物館で流してるやつがあるんだとということで見せてもらうことに。
あともう1本もみせてもらった。オーストリアかドイツでまったく内容はわからなかった。

DVDの中ではかまが2番目に古いのを使っていて、4世代目のお父様も健在のころの映像で、数年前とのこと。
このかまが使われているのみたいなー。

PA274501

2番目のかまは木製のオールみたいなので、人力でかき混ぜていた。
1番新しいかまはたぶんミキサーみたいに中に混ぜるのついてるのです。
温度調整もたぶんできるんす。
2番目のかまは、どうやってたのかな。かまの下の方に穴のあいた引出しあるけど、薪かな。
ガスかなー。

激しくお礼を言って、最後の最後にお土産のカントリーマームとプチ大福をわたして、さようならしました。

ありがとー。ありがとー。ありがとー。
"Thank you" in Greek
最後までこれも長期記憶に定着しなかった言葉。
ギリシャ語でありがとうは、エフハリスト。

1か月とか2か月とか部屋借りてまたきたいな。コルフ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“Kerkyra(ケルキラ)” に2件のコメントがあります

  1. 大満足です。一人旅にはまりそう。
    でも日本に戻って1週間たつけどいまだ心がコルフから戻ってこないっ。現実逃避の毎日です><。
    お酒とか石けんお土産あるの。結婚式おわったらあそぼー。