イースター島。アフ・トンガリキで朝日が昇るのを待つ

最近のイースター島は朝は雨で、
昼に向かって晴れてくる。

車を24時間レンタルする場合、昼から翌日昼まで
借り、1日目は観光、2日目は朝、日の出を見てから
返すのがいいらしい。

最近の朝の天候が悪いので日の出は見れないかも
しれないなぁ。と思っていたら。はやり、早朝に
激しい雨が打ち付ける音で目が覚めた。
ベッドから這い出してリビングに向かうと
私が一番最初に起きてた。すごい。

みんなが揃ったところで、また雨が。
でもすぐやむ。

とりあえず行くだけ行こうと。日が昇る東海岸沿い。
アフ・トンガリキへ。

途中雨はやんだり、激しくなったり、雨が強くて
前が見えず車をとめたりしながらたどり着くと
日の出の時間になった。

朝日を待つ我々

先客が何人かいて、朝日を待っていたが、すぐに
雨が降り出し、強くなった。
カッパを持っていたので、かぶって、そのまま待つ。
先客はいつの間にか帰っていました。
アフ・トンガリキの前に倒れるモアイで風をよけながら
待っていると、ナショナルジオグラフィックに写真を
のせてるような写真家がシャッターチャンスを待つのって
こんな感じじゃないのかって想像して燃えてきました。

しかし雲の隠れて朝日はみえず、ほんのり赤らむ
空しか撮れずに宿に戻りました。

アフ・トンガリキの朝日

宿に戻り朝ごはんを食べて、こうださんは
今日からキャンピング・ミヒノアに移動するというので
送っていって、またミヒノアの日本人バックパッカーを
レンタカー屋さんに送っていった。
夫はほんとうに親切だなぁ~。

その後はイースター島博物館へ。
スペイン語のパネルにあわせて、日本語訳のファイルが
手渡されて、照らし合わせながら読み進めることができて
分かりやすかった。

車を戻した後は、近くの10mほどの砂浜があるビーチに
泳ぎにいきました。ダイビング用にシュノーケルセット
を持って行って、見てみると、浅瀬にも食用よりむしろ
観賞用のきれいな色の魚が泳いでいて、思ったより
よく見えるなーと思っていたら目の前を海がめ
横切ってテンションが上がりました。
乗れるくらいの大きな海がめ。
何度か水面に顔を出したので、追いかけたのですが
それきり出会えませんでした。

海がめ

息つぎのために顔をだす海がめちゃん。

急に曇りだしたと思ったらすごい風と雨がふってきて
そのとき浜辺に私はいて、夫だけ沖に出ていて、
ぎゃーとなりましたが、無事に帰ってきてくれて
ほっとしました。

戻ってきた夫は水も拭かずにぴんぴんしてて
寒さと暑さにはとても強い。うらやましいなぁ。
でも高さには私が強いもんね。
どちらか片方がつねに元気でちょうど良かった。

夕方以降は、チョコとクッキーを食べて過ごしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“イースター島。アフ・トンガリキで朝日が昇るのを待つ” に2件のコメントがあります

  1. どちらかが元気ってとてもだいじだよね!

    たしかにウユニもイースターもいってみたい
    (というかわたしでもしってる超名所リストにはいってる)けど
    いくことになるかはとんと未定、、、
    素敵なことだねーーー。