PATOUNIS社訪問

PA173672

念願のPATOUNIS社訪問。

中に入って、すぐは石けん販売所となっており、お姉さんに自己紹介して、見学したいと伝えたら、奥からこの工場の5代目のApostolos氏が出てきて、メールをくれてたねーといって、奥の工場に案内してくれました。

先客のドイツ人女性2人とそのお子さん2人と私の計5人で説明を聞くことに。この方たち物怖じしないので、私も恩恵を受けました。

工場内、手前は石けんを干す場所になっていて、その奥が作業場。というシンプルなもの。この写真は工場奥の作業場の様子です。この小さな工場から世界を魅了する石けんが作られるのですね。この日はある程度固まった石けんを切って、一個ずつ取り分けて干し台に乗せるという作業をしていました。

奥にはかまが3台。1番古い(中央右はしごのかかってるもの)のはもう動いていないが貴重なので保管しているもの。a living museumとおっしゃってたのですが、まさに。そんな感じです。歴史があって、でも今もちゃんと生きていて、かつ魅力が衰えないものがほかにあるのかなかと思うと、ここにいる貴重さにどきどきしました。2番目に古いかま(左上赤茶のもの)はまだ使っているか、まだ使えるか、どう言ったか思い出せない。1番新しいの(中央シルバーのもの)はメインで使っているものだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です