ザダル(Zadar)のシーオルガン〜クロアチア

スプリトより北部のアドリア海沿いにある小さな街ザダル。
ヒッチコックが世界で1番美しいと表現したと言われる夕焼けがハイライト。

スプリト同様観光客向けの小さな旧市街を中心に新市街が広がっています。クロアチアの2大観光地のプリトヴィッツェとドゥブロヴニクの間にある都市なので、長距離のバス移動の負担を減らすためにも一泊して夕日を見て休憩するのにおすすめです。


夕方の様子。シーオルガンといって、波によっておきた風が地面にあいた穴をとおる事で音を奏でる装置。波の具合で毎日微妙に音が違います。間抜けというか穏やかな低い和音でとてもリラックスできます。ここに座って出港する観光船や、入港する漁船を見送り、出迎え、アドリア海の向こうに沈むのを待ちます。


朝の様子。シーオルガンの音がはっきり聞こえます。

シーオルガンへ向かう遊歩道。本当に遮るものの無い見通しのよい場所です。

戻ってくる漁船。

旧市街の中にはスプリト同様教会や遺跡があり、細い入り組んだ道でにはカフェが隠れています。
ただスプリトより迷子になりやすい気がします。カフェも比較的若い人というかバックパッカー向けかなと思います。すぐそこには遮るものの無い港でアドリア海が見えるというのに、日のあたらない袋小路のカフェで昼間からカクテルを傾けている若者が目につきました。


聖ドナット教会と聖ストシャ大聖堂

特記したいのは、ザダルの人はとても人懐っこくて親切で滞在しやすいということ。
ちょっと場所が分かりにくいSOBEを予約してしまったのですが、女性に聞いたら、隣のレストランのご主人にさらに聞いてくれて、そのご主人がSOBEの人に電話をしてくれて、迎えにきてもらいました。SOBEの女性もずっと笑顔で、地図を私にみせながら一通り街のブリーフィングをしてくれました。
通りすがりに挨拶をしてくれる人や、私がドバルダンと現地の言葉で挨拶をすると大げさなリアクションをとる釣りのおじさんとか。安心して過ごせました。

助けてくれたレストランで夕食。魚と野菜のグリル。

また遺跡の上で昼寝するおじさんや、遺跡の上に座って雑談をする子供たち。ドラえもんの空き地のドラム缶のような扱いで遺跡があるのはいいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です