モロッコのタンジェからスペインのマドリードまで1日で移動した時の4つのポイント

世界一周中に書いていたけど、途中で頓挫した旅行記の下書きがでてきました。
帰国後2、3年たったような気もするけど、一生ものの経験だったので、続きを書こうと思います。

モロッコのタンジェからスペインのマドリードまで1日で移動した時に気をつけなければ!と感じた4つのポイントです。


より大きな地図で 世界一周 を表示

ポイント1:タンジェのフェリー内ではもうモロッコ通貨のディルハムが使えない

フェリー内でヒマつぶしもかねて、あまったディルハムを使って何か買おうと思ったら使えませんでした。
ユーロだけでした残念。

ポイント2:ジブラルタル海峡はちょっと荒れている

渦

フェリーに乗るときに水色のエチケット袋がくばれられます。必要とされる方が多いからだと思います。乗り物酔いがもともとひどいのであらかじめ酔い止めの薬をのんでいたので大丈夫でした。日頃乗り物酔いに縁のない夫も少し酔ったと言っていたので気をつけてください。

ポイント3:モロッコとスペインの時差は1時間(サマータイム中は2時間)

なのでタンジェ〜アルヘシラスの所要時間が1時間とすると。
12時にタンジェを出ると、サマータイム中は15時に到着アルヘシラス着となり、その時間だとアルヘシラスのような小さな町からではマドリードへの電車やバスがない。という事態が発生します。私には実際に発生しました。タンジェ〜アルヘシラス間の移動も遅延したということもありまして。。。

そこで、少し大きめの都市マラガにバスで移動したところ、マドリード行きの電車の本数が多く、その日のうちにマドリードに移動できました。

ポイント4:夜のマドリードはあぶない

日本人が一番多くパスポートを紛失する都市がマドリードだそうで、日本人は観光時にパスポート本体ではなく、コピーのみを持ち歩く事を許可されています。それくらい被害が多いのです。
別の日ではありますが、歩いていたらかばんが開けられる音がしたので振り向くと、鞄があいておりました。開ける音がしたばかりなのに誰もおらず、隣を歩いていた夫も何も気付きませんでした。
幸い何もとられておりませんでした。
その鞄には秘密のポケットがあってそこに大切なものを入れていたので良かったのですが、それでも相当へこみました。

話を戻すと、タンジェからマドリードまで移動する際、やはり距離があるので、マドリード到着が遅くなる可能性が高いです。土地勘のない状態での夜のマドリードはあぶない。さらに日本人で、旅行ガイドを持っていればさらに狙われやすいので、お気をつけて。

こちらも幸いなことに、旅行中に知り合った人に勧められた日本人宿に泊まる事になっており、予約の際に宿のご主人が「絶対ガイドブックを出して宿を探すな!宿は駅から近いから暗記しろ!」と強く注意してくれて、宿の前で私たちの到着を待ってくれていたので、何事もありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です