クスコの行事

朝起きると寝違えたのか首が痛い。
「それは、首絞め強盗怖さに振り返りすぎによるものだ。」
と夫が言うのに納得。
南米ではとても用心してすごしています。

首が痛い痛いとごろごろと昼までホテルで過ごして、
それでもマチュピチュ以外にクスコ近郊のツアーを
調べてみようという話になり、外に出ると雨。
かさと上着を取りにもどってまたアルマス広場
の方へ向かうとまたなにやら様子がおかしい。
警察が並んでいる。
広場に面したお店の2階からは垂れ幕のようなものが。
また何かある!
と思って待っていると、アルマス広場に面した
教会からイエス様の像が担がれて出てきた。
物悲しい音楽に乗せて。

イエス様

赤い花びらのようなものが投げかけられ血のようで、
見ていて悲しくなった。

血のような赤い花びら

これがイースターなのかな?
と思いながら、食事をしたり、
旅行代理店をはしごしているともう夕方。

帰ろうか、もう一件旅行代理店にいくかと迷っていると
またなにやらアルマス広場で始まる様子。
ちょっと見て行こう。と眺めの良い場所を陣取って
待つこと2時間!!!
アルマス広場に人は増えに増え。ぎゅうぎゅう。
どうやら昼間のイエス様が戻ってくるようで、
こちらの方がメインイベントのようで、
おっそろしい人だかり。

夜になって戻ってきたイエス様

夜になって戻ってきたイエス様。

担ぐ人も大変そう

担ぐ人も大変そう。

警察の交通整理もむなしく

警察の交通整理もむなしく。

人が押し寄せる

人が押し寄せる。

皆イエス様の後を追います。

皆イエス様の後を追います。

手のひらをイエス様に向ける人々

遠くに見えたイエス様が通り過ぎ、教会の入り口に
くると、みんなが十字を切り、手のひらを教会に向け、
イエス様を見送ります。(これに1時間)

イエス様が完全に教会に入ると、拍手がおき、
次の瞬間に帰宅ラッシュが始まります。
こちらの人は撤収が早い。
帰宅ラッシュの波をさけて待つこと1時間。

あたりは真っ暗。

後日、旅行代理店の人に「聖なる月曜日」という
行事だったと分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“クスコの行事” に5件のコメントがあります

  1. リサのコメントも大変なことになってた!

    ごめんスパムが増えてきたので、
    最初のコメント投稿は承認がいるの。