アフリカ大陸だよ。モロッコ

マラケシュの空港

空港ではいつも神経質になっているのに、
人が全然寄ってこないので、拍子抜けした。

タクシーにのって、フナ広場周辺に降りたら
5m歩くのに1人くらいに声をかけられ、
ああ。モロッコに来た!
と思った。

「ホテルどこ?
お前らのホテルはこっちだよ。」
と言ってあさっての方向に進むおっさん達。

「ちょっと聞いてください。ちょっと聞いてください。
いいホテル(スパ、レストラン)があります。」
必要ないといっても、くらいついてくる。

中には、
「にほんじん?ちゅうごくじん?
こんにちは。ありがとう。さようなら。」
とだけ言って通り過ぎる人もいる。

4、5人かわしてもううんざりした。
チェックインしたい。。。

リヤドの屋上

げんなりしてホテルについてみたけど、
ホテルの人はさわやかで、ホテルは綺麗でほっとした。
パティオや屋上や通路には花が咲いていて、
かわいらしい。
モロッコは雑貨がかわいいのでも有名だし、
フランスの影響か(モロッコはフランス語圏)
家づくりが上手だとおもった。
とにかくかわいー。

モロッコはリヤドと呼ばれるプチホテル、
日本で言うところのペンションみたいなところが多く、
3,000~5,000円で泊まれる。

ちょっとほっとして、もっとだらっとしたかったけど
おなかがすいていたのですぐに宿をでた。
はやりそこでも何度か声をかけられたけど、
キャリーを持ってないせいかそんなにしつこくはなかった。

初タジン

初クスクス

いきなり地元の人でにぎわっているお店に挑戦。
軒先にタジンが並んで火にかかっているお店に
まずはいってみた。

おなかいっぱい食べたところで眠くなり、
まだ元気な夫に、もう眠くて眠くてつらいです。
とうったえ、フナ広場がにぎわう夕方にまた
出ようと約束して、ホテルに戻り仮眠。

夕方、出かけたくてうきうきした夫に起こされ
がんばって起きてフナ広場にいきました。

夕暮れのフナ広場

フナ広場は大道芸人とか、物売りとか、屋台で
にぎやかで、アラブっぽい音楽がどこからか
流れていて、盛り上がっていました。

夜のフナ広場の屋台

フナ広場の屋台の客引きもしつこくて、
行く道を塞がれたり、肩をつかむので、
ちょっとうろうろするのは向いていなかった。

泣いている外国人旅行者らしい女の子もみた。
嫌な思いをする人もいると思う。

テハン

テハンというモツの煮込みをパンではさんで
食べるやつがおいしいと聞いていたので
探していたら、誰かがおいしいお店を教えてくれた。

地元の人についていくのはちょっと心配
だったけど、ただの良い人だったみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“アフリカ大陸だよ。モロッコ” に4件のコメントがあります