ウユニへの道は単純だけどハード

ウユニ行きのバスは期待していたよりもぼろかったけど
まあ乗れるかんじのバスだった。
1人120Bs(約1,500円)。
途中でサンドイッチがでた。
大阪~東京間は5,000円くらいだから
ありがたい安さ。
倍近く出すと乗れる高級バスは雨季には運休らしい。
乾季にはいったら水が張ったのがみえないのに。
なんでだろう。

ウユニまでの道

バスは2/3位はあぜ道で、道なき道を進むとはこのことか、
いや道らしき筋は地面についているので道はあるんだ。
何と表現していいのかいまだに分からない。
地球外の惑星の撮影に使えると思うよ。
振動による頭痛で何度も目が覚めた。

何もない街

朝7:00ごろにウユニについてすぐ
ピンときた。
この町は私が今まで行った中で一番寂れた町だ!
観光業が成り立つ前なのかなまだ。

バスの降り場に客引きが集まってて、とりあえず
泊まるホテルも足もないのでウユニ塩湖付近の
唯一シャワーがついているホテルを含むツアーを
持っているところについていった。

ツアー料金は1人100ドルだったので、地球の歩き方は
95ドルといってるよと言ってみたらまけてもらえた。
地球の歩き方にはシャワーつきのホテルが95ドルと書いて
あったのでツアーには関係がなく私の言ったことは
とんちんかんだったけど、結果よかった。

ツアースタートは10:30でそれまで朝ごはん食べたり、
昼食はでないから買っておけといわれて、町にでて、
何もないのを確認して、開いたばかりのカフェに入った。

民族衣装をきたおばちゃんはジョークが好きらしく
何か言っては笑っているけど、何を言っているかわからない。
パンケーキとコーヒーはおいしかった。

会計のときに、50Bsのところ100Bs出したら
ありがとー。と全部持っていくふりをして。
ちがうかー。と自分でつっこんでるのは分かった。
かわいかった。

そのカフェで、同じく世界一周旅行中のカップルに出会い、
ちょっと話をしたら、なんと綱島に住んでいて、味噌汁も
さめないくらいの距離だったことがわかった。
ビックボーイが閉店したことも知っていた。

ラパスからウユニ塩湖へ行く流れはこう。
ラパスからウユニに朝つく夜行バスに乗る。
ウユニのバスターミナルでツアーの客引きについていく。
ツアーを申し込んで、ツアー開始まで朝ごはん食べたり、買い物したりぶらぶらする。
ツアー開始。
列車の墓場、塩工場、を見てホテルで一泊。
翌昼ピックアップされて塩湖で遊んでウユニに戻る。
その夜のウユニ発ラパス行きの夜行バスに乗る。
こんな流れになっています。
2泊、3泊のツアーもあるよ。
チリのアタカマに抜ける3泊4日のツアーもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“ウユニへの道は単純だけどハード” に4件のコメントがあります

  1. いきいきしてますね
    ペルーこれから行くんでしょ?クスケーニャってビールがおいしいから飲んでおいで